【勤務形態別】タクシードライバーの一日の流れって?

公開日:2023/12/15
1日

基本的にタクシードライバーはシフトで働く仕事です。一般的には昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3つのシフトのいずれかで勤務します。当然、特徴が異なります。では、それぞれどんな魅力があるシフトなのでしょうか。今回は、タクシードライバーの昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3つのシフトについて詳しくご紹介します。

昼日勤の場合

昼日勤とは一体どんなシフトなのでしょうか?こちらでは昼日勤について詳しくご紹介します。

昼日勤とはどんなシフトなのか?

昼日勤とは、昼間だけ働くシフトのことです。昼日勤の読み方は「ひるにっきん」と読みます。

昼日勤とは?

昼日勤は、一般的な昼仕事のように生活リズムを乱さずに毎日規則正しく仕事ができることです。

昼日勤の一日の流れ

昼日勤の一日の流れは、基本的に一般的なサラリーマンと同じようなタイムスケジュールです。通常はお昼頃に昼食を兼ねた休憩をとります。残業はほぼありません。

一般的な昼日勤のシフトの例とは?

一般的な昼日勤のシフトの例は次の通りです。

①6:00〜15:30(休憩90分)

②8:00〜17:30(休憩90分)

昼日勤の1日の拘束時間は基本は13時間以内です。残業含めて最大16時間となっています。ただし各タクシー会社によって、勤務時間・休憩時間は若干異なります。

昼日勤が向いている人とは?

昼日勤が向いている人は、昼間に働きたい人、家族との時間を大事にしたい人などが向いています。女性や高齢者の方も働きやすい時間帯です。

夜日勤の場合

夜日勤とは一体どんなシフトなのでしょうか?こちらでは夜日勤について詳しくご紹介します。

夜日勤とはどんなシフトなのか?

夜日勤とは、夕方〜翌日の早朝にかけて働くシフトのことです。夜日勤の読み方は「よるにっきん」と読みます。

夜日勤とは?

夜日勤は、夕方出勤、翌朝退勤の昼夜が逆転した仕事になることです。夜の22時から早朝の5時まで「深夜割増料金」が適用されることから、タクシードライバーにとってはもっとも稼げる時間帯です。ただし人によっては、精神的・肉体的・家庭的な負担があるかもしれません。

夜日勤の一日の流れ

夜日勤の一日の流れは、基本的に夜勤がある工場労働者と同じようなタイムスケジュールです。ただしタクシードライバーの場合は、食事や休憩の時間は人によってまちまちです。

一般的な夜日勤のシフトの例とは?

一般的な夜日勤のシフトの例は次の通りです。

①18:00〜翌日3:30(休憩90分)

②19:00〜翌日4:30(休憩90分)

1日の勤務時間は、昼日勤の夜バージョンになります。違いは昼夜の時間帯が逆転していることです。夜日勤の1日の拘束時間は基本は13時間以内です。残業含めて最大16時間となっています。ただし各タクシー会社によって、勤務時間・休憩時間は若干異なります。

夜日勤が向いている人とは?

夜日勤が向いている人は、夜間に働きたい人、昼間別のことをしている人、休日前の夜に働きたい人、深夜割増料金を利用して稼ぎたい人などです。

隔日勤務の場合

隔日勤務とは一体どんなシフトなのでしょうか?こちらでは隔日勤務について詳しくご紹介します。

隔日勤務とはどんなシフトなのか?

隔日勤務とは「出勤&明け休み」を繰り返し働くシフトのことです。隔日勤務の読み方は「かくじつきんむ」と読みます。

隔日勤務とは?

隔日勤務は、昼日勤と夜日勤をそのまま続けて、2日間を1回の勤務にした仕事になることです。タクシードライバー独特の働き方になります。タクシードライバーの働き方のなかで、もっとも効率的に稼げる働き方ですが、精神的・肉体的・家庭的な負担があるかもしれません。

隔日勤務の一日の流れ

隔日勤務の一日の流れは、1日目の午前中に出勤し、2日目の早朝に退勤し、帰宅後はそのまま1日休みになるというパターンを繰り返す働き方になります。ただし実際の勤務日は月に11〜13日程度しかありません。

一般的な隔日勤務のシフトの例とは?

一般的な隔日勤務のシフトの例は次の通りです。

①7:00〜翌日2:00(休憩180分)

②14:00〜翌日9:00(休憩180分)

隔日勤務の1回の勤務時間は、2日間で合わせて最大21時間以内です。また次の勤務までは最低20時間以上あいだをおかなければなりません。そのためこのような変則スタイルになっています。

実際の勤務時間は、1回18時間以内で、3時間の休憩があることから実質は15時間です。ただし各タクシー会社によって、勤務時間・休憩時間は若干異なります。

隔日勤務が向いている人は?

隔日勤務が向いている人は、仕事とプライベートのメリハリをつけて、しかもある程度稼ぎたい方です。1日に通常の2倍働くので、精神的・体力的・健康的にタフな人でないと勤まらないかもしれません。現在、多くのタクシー会社では隔日勤務が主流になっています。

まとめ

今回は、タクシードライバーの昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3つのシフトについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、タクシードライバーの昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3つのシフトは次の通りです。

昼日勤は毎日規則正しく仕事ができること、夜日勤は昼夜が逆転した仕事になること、隔日勤務は2日間を1回の勤務にした仕事になることなどです。基本的にタクシードライバーは今回ご紹介した3つのシフトが主流になります。

本記事がタクシードライバーの昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3つのシフトについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

こんなに楽しいタクシー会社はない
東洋交通株式会社
東洋交通株式会社の画像1
タクシードライバーに対して、夜勤や長時間労働などであることから過酷さをイメージする方も多いかもしれません。 そんなタクシー業界のなかでイメージを大きく変えるような取り組みをしているのが、東洋交通株式会社です。

ワークライフバランスを重視した働き方の提案や充実した社内設備、また業界未経験者や女性でも働きやすい環境の提供など多くの魅力がある東洋交通についてご紹介します。 タクシードライバーへの転職や就職を考えているのなら、ぜひ東洋交通をチェックしてみてください。

【東京】転職・就職におすすめのタクシー会社7選比較表

イメージ
会社名東洋交通株式会社荏原交通株式会社国際自動車株式会社第一交通産業株式会社帝都自動車交通株式会社日の丸交通株式会社三和交通株式会社
特徴充実の研修制度で業界未経験者も安心!ワークライフバランスを実現できる働きやすさが魅力城南4区エリア中心の営業で60年。地域密着型の歴史あるタクシー会社ペーパードライバーや地理が苦手でもプロを目指せる!働く方に合わせた充実のサポート体制で、男女や年令問わずに働きやすい福利厚生が充実し、働きやすく安心できる環境を提供稼げるシステムが豊富!未経験から収入アップを目指せる教育制度が充実しているからつねに知識をアップデートできる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR安心してタクシードライバーをするなら
東洋交通株式会社